突然ですがみなさん『スパイロ』という野菜カッターはご存知でしょうか。

スパイロとは一言で言ってしまえば「野菜を麺みたいに切る」ための道具です。

spairo

 

8月20日の「所さんお届けモノです」では3大ホームセンター店員が厳選 超便利グッズとして東急ハンズ、カインズホーム、コーナンの便利グッズをレジェンド松下さんがこの商品を紹介したことによって、巷で話題となっているようです。

中には品切れしてしまうお店も出てきてしまうほど。

ちなみにこのスパイロですが、東急ハンズなどのホームセンターで売っています。

あた、アマゾンなどのネット通販の方でも購入できますので、気になる方は確認してくださいね。

 

さて、今回のこの記事ではこのスパイロがどんなものなのか気になっている方に紹介するとともに、購入した方の使い方などを紹介します。

今流行のスパイロの魅力を存分に伝えていきますのでよろしくお願いします!!

 

 

スパイロってどんな道具なの?

spairo2

上でも少し紹介はしましたが、スパイロとは野菜を麺みたいに切るための道具です。

野菜を包丁やスライサーで千切りしようとするかなり手間がかかりますし、小さい野菜では面の長さが短くなってしまいます。

そんな時にはこのスパイロ!!

実はこれ今年の4月に発売開始されたばかりの新商品で、野菜を薄くカットして野菜の面(ベジヌードル)を作るためにアイテムです。

 

このアイテムを考案したのは、双子のジョセフ兄弟によるイギリス発祥の家庭雑貨ブランドJoseph Joseph(ジョセフジョセフ)でした。

機能性の高さと、クリーンで滑らかなデザインのこちらが日本でも大人気を博し初めています。

 

この商品の概要をわかってもらえたところで、次に使い方について紹介していきましょう。

 

 

スパイロ野菜カッターの使い方を紹介!!

では本題のベジブードル作りからです。

今回は実験も兼ねて、ズッキーニを面にしてみたいと思います。

 

さて、まず初めにパッケージの開封からですね。

kaihuu

分解してみると、カップ、フタの部分、3枚の刃がついています。

黄色は「すりおろしブレード」、黄緑色が「細目ブレード」、緑色が「荒目ブレード」とのこと。

ブレードという割には意外と刃が小さいんですね。

歯が小さいってことはそれだけ面を透くるのも苦労思想とか思いがちですが心配はいりません。

では実際に野菜を切っていきましょう!!

 

zukki

はいズッキーニです。

今回はこいつをヌードルにしてやります。

ズッキーニ自体が細長なので、ブレードも合わせて細めを使ってみましょう。

hosome

細めはこいつです。

さぁついに実践です!

 

howto

まず初めに半分に切ったズッキーニをセットします。

ブレード部分に合わせ、フタをかぶせます。

 

蓋にはトゲトゲがびっしりついているので、野菜をセットした時にブレないようにホールドしてくれる仕組みとなっているんです!

さすがスパイロ。

 

そして、一番上のグレーのフタ部分をぐるぐるぐると回します。

フタだと思っていたら実は「ソフトグリップハンドル」だったようです。

howto

 

上から軽く圧を加えながら回していくと、、?

でてきました!!

こいつがベジヌードルです!!

スパイロを使えばこんなにも簡単に面を作ることができるんです!!

 

今まで面作りに苦労していた方には欠かせないアイテムとなってしまうのではないでしょうか。

 

 

最後に

いかがでしたか?

スパイロの便利さをわかってもらえたんじゃないでしょうか。

もしこの記事を読んで「こんなレシピ考案したよ!」みたいなものがあれば教えてくださいね。

 

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。