大泉洋(おおいずみよう)さん自身が出版社に 「僕が主役になれるような小説はないのかね」 と持ちかけたこの企画! 出版社の人は、そんな小説が見当たらなかったのか、 大泉洋(おおいずみよう)さん自身を主役にしてしまった 小説・・・