平成最後というワードで何かと話題となりますが、

Jリーグでも一時代の終わりとされる選手たちの引退が続々と発表されました。

 

選手として見られなくなるのは悲しいですが、

気になるのは引退した選手たちのその後ではないでしょうか。

 

今年引退を発表した選手たちのその後について調べてみました。

平成最後に引退を発表した偉大な選手たち

 

川口能活(かわぐちよしかつ)

 

 

 

 

 

出典:https://qoly.jp/2017/10/18/yoshikatsu-kawaguchi-gk-aruaru-kwm-1

生年月日:1975年8月15日

出身;静岡県富士市出身

ポジション:ゴールキーパーGK

 

横浜Fマリノスやジュビロ磐田、FC岐阜、CS相模原で活躍。

また2001年~2004年の間は海外でもプレーしていた。

 

『日本の守護神』として4大会連続でFIFAワールドカップメンバーに選出されている。

(1998年 W杯フランス大会、2002年 W杯日韓大会、2006年W杯 ドイツ大会、2010年W杯 南アフリカ大会)

日本代表選手としては出場記録歴代3位。

ゴールキーパーとしては歴代1位を記録している。

 

中澤佑二(なかざわゆうじ)

 

 

 

 

 

 

出典:http://skippbeat.hatenablog.com/entry/2016/11/10/191609

生年月日: 1978年2月25日

出身:埼玉県吉川市

ポジション:センターバックDF

 

ボンバーの愛称で親しまれた中澤選手。

アメリカFCを経て、東京ヴェルディ(1996年は川崎V)でプレー。

その後は横浜FマリノスでプレーをしMr.マリノスともいわれるほど。

 

また中澤選手といえばフィールドプレーヤーとしてはJ1史上のフルタイム出場を記録。

2012年9月29日の大宮アルディージャ戦からフィールドプレーヤーとしてはトップの199試合に連続出場

さらに2013年7月6日の大分トリニータ戦から2018年8月15日の名古屋グランパス戦まで

178試合連続フル出場という記録を持っている。

日本代表としても活躍し、出場数は歴代4位の110試合を記録している。

 

小笠原満男(おがさわらみつお)

 

 

 

 

 

 

 

出典:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=17500

生年月日:1979年4月5日

出身:岩手県盛岡市

ポジション:ボランチMF

 

2006年から1年間だけメッシーナでプレーしましたが、

日本では鹿島アントラーズ一筋。

2009年にはシーズンJリーグ最優秀選手賞を受賞している。

 

高校時代から東北のファンタジスタと呼ばれ

数多くの日本代表に選出。数多くの代表戦で活躍している。

 

楢崎正剛(ならざきせいごう)

 

 

 

 

 

 

 

出典:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?263656-263656-fl

生年月日:1976年4月15日

出身:奈良県香芝市

ポジション:ゴールキーパーGK

 

横浜フリューゲルスを経て名古屋グランパスで活躍。

J1最多出場記録を保持。

川口能活選手の引退セレモニーの際に、花束を渡したことで現役続行が期待されながらの

引退発表に衝撃が走った。

 

日本代表ではFIFAワールドカップに4大会連続で選出。

国際Aマッチ7試合連続無失点という日本記録を持っている。

日本サッカー界のレジェンド達の引退に悲しみの声

偉大な選手たちの引退に世間からは悲しみの声が聞かれていました。

どれだけ偉大な選手だったのかが世間の反応でわかりますよね。

ここで気になるのは、引退した選手たちの今後ではないでしょうか。

 

川口・中澤・小笠原・楢崎の引退後は

 

サッカー選手の引退後といえば、過去の選手たちを見てみると

チームスタッフやスポーツ番組の解説、自分のチーム発足などがあげられます。

 

川口能活選手は指導者として活躍していきたいと引退会見の際に発表しています。

また、日本代表GKコーチとして声がかかっているそうなので、

今後はGKの指導者として活躍されることが期待されます。

ぜひ、川口選手の技術を多くの人に伝えていってほしいですよね!

 

中澤佑二選手、小笠原満男選手、楢崎正剛選手についての今後については

まだ発表されていませんが、

 

中澤選手といえば横浜Fマリノス

小笠原満男選手といえば鹿島アントラーズ

楢崎正剛選手といえば名古屋グランパス

 

と。一つのチームで活躍されていた選手ですから

チームスタッフとして残っていくことが濃厚なのではないでしょうか。

 

また、今後は日本代表の試合での解説などでも活躍してくれることと思います。

最後に

川口能活選手、中澤佑二選手、小笠原満男選手、楢崎正剛選手について

調べてみましたがいかがだったでしょうか。

レジェンド達の相次ぐ引退に衝撃が走りましたが、

偉大な方ということは引退しても変わりません!

 

川口能活選手、中澤佑二選手、小笠原満男選手、楢崎正剛選手

本当にお疲れ様でした。

選手としてではないですが、今後も様々な形で活躍してくれることを期待しています!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。