流行の先端となるニュースをいち早くお届けするサイトです。

トレンドサーチャー

映画 書籍 芸能界

【松坂桃李主演】蜜蜂と遠雷 2019年秋映画化!ピアニスト役で演奏も?曲目は?

投稿日:

https://movie.smt.docomo.ne.jp/article/1100954/

直木賞&本屋大賞 W受賞した恩田陸さん作『蜜蜂と遠雷』が、2019年秋待望の映画化決定となりました。

あまりの作品の出来栄えに当時「映像化不可能」とまで呼ばれた傑作が、ついに映画化したとして話題になっています。

蜂蜜と遠雷は、生い立ち・年齢・性別の異なった4人のピアニストがコンクールでそれぞれの音楽への熱い想いを掛ける青春群像劇※を描いた作品です。
※群像劇とは?
『「劇」とついているが演劇に限らない。
「それぞれの物語」を持った複数の登場人物によって進行していく創作物の総称。引用:はてなキーワード

この物語には主人公が4名いるので、当然主演も4名!

その中の1名に選ばれたのは、男娼役から王子役に殺人鬼の役と多彩なジャンルを演じ切る松坂桃李さん
印象的な目元と圧巻の演技力でファンも多い松坂桃李さんが演じるピアニストは、28歳妻子持ちの社会人 高島 明石(たかしま あかし)

彼は音大卒業で当時音楽コンクールの成績5位に入賞した実力者でしたが、社会人となった今は楽器店勤務で演奏者への道は歩んでいません。
そんな彼ですが、家には防音設備を整え未だにピアノを弾き続けています。
ピアノへの想いはそのままに、28歳という年齢はコンクールにぎりぎり参加できる年齢で、最後の挑戦として決意するという人物です。

恩田陸さんという作家さんは、選ぶ文章の美しさはもちろんの事、現実で存在するかのような魅力的なキャラクターを生むことにも定評があり、それを演じる松坂さん含む主演者4名の繊細な演技に注目したいところです。

他の登場人物とキャストは?

https://ameblo.jp/shibuya-tsutaya/entry-12376864502.htmlphotoby:ANOTHER3MINUTES

松岡茉優/栄伝亜夜(えいでん あや)役

ジュニアコンクールを制覇する実力保持者。13歳の時に母を亡くし、ピアニストになることから逃げている20歳の天才少女。

天才少女を演じるのは、映画「桐島、部活やめるってよ」や「ちはやふる」で主人公のライバル若宮詩暢(わかみや しのぶ)を演じたことで有名な彼女は松坂桃李同様、演じる役によってガラリと印象を変えるカメレオン女優と言われるほどの演技力で定評がある松岡茉優さん。

https://ameblo.jp/shibuya-tsutaya/entry-12376864502.htmlphotoby:アメブロ

森崎ウィン/マサル・カルロス・レヴィ・アナトール役

エリート音楽院に通い様々な人から天才だと称賛され、作品の舞台であるコンクール優勝候補として期待される19歳の天才少年。

エリート少年を演じるのは、音楽ユニット「PrizmaX」に所属しスピルバーグ監督の映画に主演し監督本人から演技力を絶賛される実力者で、英語もそつなく話せる森崎ウィンさん。

http://www.sanyonews.jp/photo/detail/848684/?p=a1fe7d0fcc3d05da9228ddf872b29510.jpgphotoby:山陽新聞

鈴鹿央士/風間塵(かざま じん)役

音大卒でもなく、ピアノも持っていない彼を、今は亡き世界最高のピアニストの師を持ったことによってその才能が開花し、今回のコンクールで出場し謎の天才少年として注目を浴びる。

謎の天才少年を演じるのは、映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」にエキストラで出演したところに人気女優広瀬すずがスカウトをマネージャーに伝えたことで有名な彼は、塵役オーディションで100人もの候補者がいる中で「塵そのものだ」と監督に絶賛され抜擢される演技力の鈴鹿央士さん。今作では最年少の16歳の役。

映像化不可といわれた作品を作り上げるにあたって、これ以上のはまり役はないと期待されています。

作中で使用されるのは実在する曲!松坂さんの曲目は?実際に演奏する?

 

この作品のコンクールで演奏する曲は、私たちがよく知っている有名なクラシック曲が中心です。

通常コンクールでは、複数の課題曲が出題されてその中から決められた条件に沿って発表します。

松坂桃李さんが演じる、高島 明石(たかしま あかし)が演奏する曲目は作品に忠実ですと以下の通りです。

<第一次選考演奏曲目>

バッハの平均律クラヴィーア曲集 第一巻第二番ハ短調
ベートーヴェンのピアノ・ソナタ 第三番ハ長調 Op.2-3 第一楽章
ショパンのバラード 第二番ヘ長調 Op.38

<第二次選考演奏曲目>

菱沼忠明の春と修羅
ショパンのエチュード Op.10-5 黒鍵
リストのパガニーニの大練習曲 S.141 第六曲 主題と変奏
シューマンのアラベスク ハ長調 Op.18
ストラヴィンスキーのペトルーシュカからの三楽章

<第三次選考演奏曲目>

フォーレのヴァルス・カプリス 第一番イ長調 Op.30
ラヴェルの水の戯れ
リストのバラード 第二番ロ短調 S.171
シューマンのクライスレリアーナ

<本選演奏曲目>

ショパンのピアノ協奏曲 第一番

彼が最後の本選に選んだこの「ショパンのピアノ協奏曲第一番」には、ショパンの故郷への告別と飛躍の想いが込められているそうです、

彼がこの曲を選んだ理由は、ショパンの想いと明石の想いが重なるところがあるのでしょうか?

何故選曲したのか、考えながら見ると非常に楽しめると思います。

実際の曲が気になる方はこちらから視聴できます。↓

ここで気になるのが、実際に松坂桃李さんは演奏するのかどうかです。

実際俳優さんは、全くの未経験だったとしてもその役を熱演する為に限られた時間の中で役の技術を会得する人もたくさんいます。

去年人気を博した映画「帝一の國」で主人公約の菅田将暉さんは、作中で代奏者は使わずご本人が演奏していたことで有名です。

菅田さんの場合は、10年前コンクールへ出場する経験を持つ実力者だったことも有り、作中で披露が叶いましたが、松坂桃李さんはピアノ経験はないようです。

ですが「ピアノは初挑戦ですが、演奏も含めて、明石としっかり対話し全力で作品と向き合っていこうと思います」といった発言もあり、限られた期間の中でピアノの実演奏に挑戦する可能性が大いに考えられます。

また、共演者の森崎さんもピアノのレッスン真っ最中とコメントを残していることから、各演者からこの作品に対する熱意が伝わってきます。


 

2月に舞台ヘンリー王子五世も控えていて多忙な松坂桃李さんですが、初のピアニスト役に挑戦する姿を見れる日が今から待ち遠しいですね!

映画化される前にまだ書籍を読まれていない方は、公開前に読まれるのもお勧めです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-映画, 書籍, 芸能界

Copyright© トレンドサーチャー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.