こんまり(近藤麻理恵)さんを知っていますか?

実は、こんまりさんは、お片付けのコンサルタントをなさっていて、

日本でも数年前にブームを巻き起こしています。

 

最近見かけないなと思っていたら、実は海を渡りアメリカへ移住されていました。

しかも、アメリカでもこんまり(近藤麻理恵)さんは大人気!

 

いったいどういうことなのでしょうか?

探ってみたいと思います。

こんまり(近藤麻理恵)さんのプロフィール

 

 

 

 

 

画像出典:Netflix

生まれ年   1984年

出身     東京都

血液型    A型

学歴     東京女子大学

職業     片付けコンサルタント

配偶者    あり

 

こんまりさんが幼少の頃の愛読書はなんと、オレンジページやESSEでした。

 

オレンジページやESSEと言えば、主婦向け雑誌で有名です。

内容は、生活の知恵的な内容がふんだんに盛り込まれていたりします。

 

こんまり(近藤麻理恵)さんは、幼き頃からお片付けを学んできたようです。

 

そして、小学生の頃になると、整理整頓係を務めたり、家事にも興味を持ち始めます。

 

中学3年生の時にある衝撃を受けます。

「捨てる技術」というタイトルの本を読んだことから、

大きな影響を受けて、片付けに関する研究を始めます。

こんまりさんの行動力は本物でした。

大学2年の時に片付けコンサルティング業務を開始します。

 

大学の卒論のテーマにも片付けを選んだところ。

「ジェンダーの視点から見た掃除/片付け」

というタイトルでした。

 

卒業してからは、企業へ就職するも2009年に退職。

本格的にコンサルタントの道を突き進みます。

 

2010年には、「人生がときめく片付けの魔法」が大ブレイク!

翌年には100万部を越えるベストセラーに。

 

そして、2014年には結婚し、2015年、2016年と女児を出産しています。

 

2015年にはアメリカへ渡り、TIME誌の最も影響力のある100人に選ばれました!

こんまり(近藤麻理恵)さんは何故アメリカに渡ったの?

 

 

 

 

 

 

画像出典:シネマトゥデイ

こんまり(近藤麻理恵)さんは、今ではアメリカで知らない人はいないほどの

話題の人物です。

 

いったい何故アメリカへ渡ったというのでしょうか?

 

それは、先ほどお伝えした著書、「人生がときめく片づけの魔法」

が世界各国で翻訳されたことで、海外での仕事が格段に増えていったのだとか。

 

こんまりさん自身も、各国で片付けの悩みを抱えているという事情に驚いたそうです。

 

海外には、片付けという考え自体が珍しかったというのも、ブレイクの一つだといいます。

そして、こんまりさん独自のスタイル

 

「捨てるものに感謝する」

 

という日本式の考えに惹かれたのも要因かもしれません。

 

アメリカと言えば、とても大きな国で、広い家に住んでいるという

イメージですが、都市部に暮らす人たちは、意外とコンパクトに暮らしているのだとか。

 

そこで、こんまり(近藤麻理恵)さんは、一念発起します。

 

世界を片付ける!というアメリカンドリームを抱き海を渡ったのでした。

反響が大きく、片付けニーズが多かったアメリカを拠点に活動を開始。

 

netflix「人生がときめく片づけの魔法」アメリカで人気!

 

 

 

 

 

画像出典:Netflix

こんまり(近藤麻理恵)さんがアメリカへ渡ったのは、2016年の事。

ついに、2019年1月にnetflixで番組を持つまでに。

 

netflixと言えば、世界配信される番組です。

これは、世界規模でこんまり(近藤麻理恵)さんが有名になっていく

ことになります。

 

気になる番組のタイトルは、

KonMari~人生がときめく片づけの魔法~

です。

すでに1月1日から開始しています。

 

アメリカでのあだ名もkonmariなのですね。

しかもシーズン1と付いてます。

これは人気が続く限りはシーズン2、3と続いていくと思われます。

 

番組内容は、さながらドキュメンタリーです。

こんまりさんが、クライアントのお宅を訪問し、こんまりメソッドをその場で伝授!

ときめく空間づくりを手伝っていくという内容です。

 

 

 

 

 

画像出典:Netflix

かなりお困りの様子ですね…

こんまりさんは救えるのでしょうか。

 

こんまりメソッドがSNSで論争に?

こんまりメソッドと言えば、物にときめくかどうかが、判断基準となっています。

そこで、ときめかないという判定が下れば、感謝しつつ捨ててしまうのです。

 

海外サイトでは、こんまりさんを「お掃除女王」と呼んでいるのだとか。

 

そして、人生がときめく片づけの魔法が放送開始されるやいなや、

ネット上にきれいに整理された、引き出しの写真とうが出回っているといいます。

 

物は捨てずに、いつか使うかもしれないからと取っておく文化の家庭には、

新鮮に映ることでしょう。

 

ある時、こんまりさんがたくさんある本を捨てる選択をします。

理由は本にときめかないからというもの。

 

その行為に対し、視聴者から大きな批判を浴びてしまいました。

 

批判の意見としては…

本は人生のさまざまな時期に、異なる理由により読み返すものだ!

 

本はパンツやタッパーを捨てるのとはわけが違う!

 

きれいでなくても、つまらなくてもいい!

 

本は見分けのつかない文書の塊なんかではない!

 

といったお怒り意見がSNS上に溢れました。

 

ですが、批判する人がいれば、こんまりメソッドを擁護する人も。

現在は、論争を巻き起こしているのだとか。

 

こんまりさんのnetflixはまだ始まったばかり。

アメリカ以外でも、ブレイクするかもしれません。