2019年4月1日11時30分、ついに新元号「令和(れいわ)」と発表され、世間を賑わせています。

そんな中で次に我々が追われる作業というのが、会社や学校等で使用する「ゴム印」!

 

既に2019年5月1日分の文書を作成してしまっている場合は、「訂正印」が欲しいだなんて思っているところも多いはず。

今回は、ネット注文するとしたらどこで注文できるか、一番早い業者はどこかまとめてみました!

ハンコヤドットコム

出荷日予定:2019年4月2日火曜日

到着日予定:2019年4月3日水曜日

取り扱いゴム印種類:

・元号スタンプ

・訂正用二重線付きスタンプ

・訂正用二重線付き年月日スタンプ

・訂正用二重線

値段:1400円~2000円

 

いづれにしても、4月1日の発表を受け一斉の発送になるため、実際の出荷日は大幅に遅れる可能性があるとのこと。

公式サイト→ハンコヤドットコム公式サイト

はんこ屋「吉報堂」

出荷日予定:2019年4月2日

到着日予定:注文日から3~5営業日

取り扱いゴム印種類:

<元号訂正印シリーズ>

・スタンプ台不要 連続捺印 シャチハタタイプ

・コスパ重視 スタンダート ゴム印タイプ

・4つのレイアウトが可能 ジョイント式スタンプタイプ

値段:550円~1500円

 

ハンコヤドットコム同様、実際の出荷日は大幅に遅れる可能性があるとのこと。

また、価格が安くテレビなどで特集を組まれており、信頼度はかなり高いです。

公式サイト→はんこ屋「吉報堂」公式サイト

作成した文書を廃棄するのは勿体ない!

エコ・リサイクルと言われている現代、既に何万枚と作成してしまった文書をごっそり捨ててしまったら実に資源が勿体ない。

費用対効果を考えると確かにパフォーマンスは悪い可能性がありますが、封書する前に織り込むのと同時に訂正印を押したり、工夫出来るところにはぜひ、訂正印を活用していただけたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。