元号が変わると聞くと、思い浮かべるのは「お金ってどうなるの?」ではないでしょうか。

硬貨に刻まれている、「平成」という文字。

当然これを新元号の「令和」(れいわ)になった硬貨も発行しなければいけません。

実はもう発表されている硬貨の発行日程

3月20日に、政府が新元号を刻印した硬貨を2019年7月に発行するという方針を固めたというニュースは記憶に新しいかもしれません。

まず、多く使用されている、100円玉と500百円玉を優先して製造していく予定とのことです。

確かに100円玉はかなり使用されているので、第一優先で必要になりそうですね!

硬貨の製造開始は、4月1日の新元号発表を受けて製造を始める模様です。

平成31年の硬貨が大人気!効果

新しい元号が来月1日に発表されるのを前に、大阪の造幣局の土産物店は、平成31年と刻印された硬貨を買い求める人たちで連日にぎわっています。

令和が発表される前に、1円玉~500円玉の平成31年が刻まれた硬貨セットというものが人気を呼んでいました。
数量限定で販売されるという事で、いろんな方が購入されていたそうです。

令和(れいわ)元年の硬貨は7月から!

令和元年の硬貨が発行されるのは、7月を予定しているそうです。

一番最初に令和という硬貨を目にするのが楽しみですね!

ぜひ手にした時が楽しみですね!