流行の先端となるニュースをいち早くお届けするサイトです。

トレンドサーチャー

バラエティ

高橋和義(たかはしかずよし)プロフィール経歴!職務質問あらすじ・感想は?

投稿日:

高橋和義(たかはしかずよし)さんという職務質問の鬼と呼ばれた伝説の警察官を知っていますか?

5月11日放送の激レアさんに登場する高橋和義(たかはしかずよし)さん。

プロフィールや経歴はどのようなものなのでしょうか?

書籍まで出版しているというのですが、読んだ方の感想などをお伝えしていきます。

さらに、調べてみると同姓同名の人物が他に2人いることもわかりました。

高橋和義(たかはしかずよし)さんプロフィール経歴

生まれ年 1949年

出身   宮城県

 

1970年に警視庁警察官へ。

高橋和義(たかはしかずよし)さんは、最終的には警視になっています。

警視庁の各警察署で窃盗や暴力団を担当することに。

その後、警視庁職務質問指導班にて、初代指導員に。

 

高橋和義(たかはしかずよし)さんは、職務質問の鬼と呼ばれるだけあって、職務質問の評価は高かったそう。

2001年には、警視庁指定広域技能指導官に任命されています。

 

2010年3月に退官となられました。

高橋和義(たかはしかずよし)さん同姓同名が3人も!

高橋和義(たかはしかずよし)さんについて調べてみると、同姓同名が3人いらっしゃることがわかりました。

一人目が、職務質問の鬼の高橋和義(たかはしかずよし)さんです。

 

二人目が、美容師さんである高橋和義(たかはしかずよし)さん。

実は、有名人ご用達の美容師さんで、有名な人物でした。

バラエティで活躍の丸山桂里奈さんもご満悦そうですね。

 

最後の一人は、なんと牧師の高橋和義(たかはしかずよし)さん。

東日本大震災救援キリスト者連絡会の事務局長をされているのだとか。

 

同姓同名の人物3人とも、名の通った方であるというのも不思議ですね。

書籍・職務質問あらすじ・感想は?

それでは、職務質問の鬼と呼ばれた高橋和義(たかはしかずよし)さんの書籍

『職務質問ー新宿歌舞伎町に蠢く人々』のあらすじを簡単に紹介します。

 

新宿歌舞伎町には、飲食店・映画館・ゲームセンターなどなどあらゆる人の集まる場において、「職務質問のプロ」と呼ばれる地域の警察官の物語。

この書籍に書かれている内容は全てノンフィクション。

裸で逃げる人物や、ホストに騙されている女子高生、ヒットマンなどなど。

次々に職務質問をしていくという物語。

中には、80代の売春婦も登場するというから驚きです。

 

すでに読了した方の感想はどのようなものなのでしょうか?

 

  • 本屋でタイトルを見て即購入。新鮮だった。時系列的にどうやって職質のターゲットを変えていったのかの経緯が興味深い。
  • なかなかおもしろかった。
  • お巡りさんって結構大変なんだなぁ。手順や法律を守りながら逮捕するのは骨が折れるようだ。
  • 危険に満ちた誘惑やあらゆる闘争のしのぎの現場を垣間見た。
  • 高い学力を持っていながら意外な職業についている人物に驚いた。

 

実に、驚きの内容の連続だという感想が多かったですね。

やはり、現実に基づいた物語には迫力があって読み応え十分といったところではないでしょうか。

 

『職務質問ー新宿歌舞伎町に蠢く人々』

には、続編も出版されています。

興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか?

-バラエティ

Copyright© トレンドサーチャー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.