9月25日、筋伊知朗・県警本部長は25日の県議会9月定例会にて、新東名高速道路の最高速度を110km/hに引き上げる際、安全対策として片側三車線の区間のほぼ全てで大型貨物自動車を道路左端に指定するとしました。

今回の最高速度引き上げは試験的な実施で、行われる区間は新静岡インターチェンジ(IC)から森掛川インターチェンジまでの50.5kmとなります。

今回はこの最高速度引き上げによる影響や、今後全国の高速道路の最高速度がどうなっていくかについてもまとめました。

新東名最高速度引き上げに対する安全対策

今回の試験的な最高速度引き上げに伴って、静岡県警はさまざまな安全対策の実施を明らかにしています。

大きなものは「大型貨物自動車」の通行帯と制限速度についてです。

普通自動車・軽自動車は現行の最高速度・100km/hから110km/hに引き上げられますが、一方で大型トラック、大型トレーラーの最高速度は現行の最高速度80km/h据え置きとなります。

この理由は、「車両同士の速度差(相対速度)が拡大してしまうと、重大事故につながるリスクが高まる」からだといいます。

また、この大型トラック/トレーラーの車両通行帯は一番左、第一通行帯のみと制限されます。

現行では大型トレーラーのみ第一通行帯を走行しなければなりませんでしたが、今回は大型トラックもここに含まれるようになります。

また、このほか速度違反取締装置の増設、車間距離を取っていない車両の取り締まりを強化するとも発表しています。

全国の最高速度規制

現状最高速度はどの高速道路も100km/hとして規制されています。

しかしながら、実際に車が走っているスピードは100km/h~120km/hくらいで、規制速度とは隔たりが生まれています。

そのため警視庁は2016年に「最高速度120km/hへ段階的に引き上げ」するという方針を発表していました。

その試験運用となるのが、今回の新東名高速、さらに東北自動車道になります。

まずこの2区間で110km/h規制で状況を把握し、のち全国の高速道で速度見直しが行われるといいます。

 

世界から見た日本の制限速度

ドイツのアウトバーンは制限速度がない区間があることで有名ですが、実際はそのほとんどが130km/h規制。

ヨーロッパは全体的に130km/hが最高速度として規制されています。

アメリカは州によって違うものの大体110km/h~130km/h前後までと、世界標準は120km/h~130kmになっているようです。

そのため日本の現行100km/h規制は「ガラパゴス化している」として指摘されています。

まとめ

制限速度が引き上げられることで、実情に適した速度になることは間違いないでしょう。

しかし速度が上がるということはそれだけ危険も上昇しますから、きちんとした車間距離を取ることが一番大切です。