愛媛県を拠点にアイドル活動をしていた大本萌景(おおもとほのか)さん(当時16歳)が今年3月に自殺したニュースが連日取り上げられています。

自殺の原因は所属事務所社長の佐々木貴浩さんのパワハラだとされており、今後裁判となっていくようです。

世間がこのニュースでざわついているもう一つの要因として、大本さんが所属していた事務所hプロジェクトの正体が謎めいている所にあるようです。

今回は大本さんが所属していたhプロジェクトについて調べてみました!

 

佐々木貴浩社長とhプロジェクト

この方が佐々木貴浩社長です。

 

 

 

 

 

 

 

 

生年月日:1968年
年齢:50歳
出身:愛媛県新居浜市

ご実家は割烹料理屋をやっているようで、裕福な家系で育ったのだと思います。

ご実家が料理屋だったこともあり、高校卒業後は料理人を目指し高級ホテルに就職しレストランの厨房で修行し、ホテルでは接客業を学んでいたそうです。その後、飲食店の勤務を経て1993年には飲食店を開業されています。

10件以上の飲食店を経営し、その中にダンスショーを取り入れた飲食店もあったそう。

佐々木社長が飲食店を経営をしていく中で、重点を置いていたのが『食材選び』。

佐々木社長が立ち上げた事務所hプロジェクトのhは『畑=hatake』の頭文字から来ているそうです。

ダンスショーなどの舞台演出、またいい食材に重点を置いていたこともあり、若い女の子たちが農業で汗してる姿も併せて伝えることができれば効果的なPRになるのでは?と考え、出来上がったのがご当地アイドルグループ『愛の葉ガールズ』です。

このアイドルグループを作るため60人近くの応募の中から選ばれた一人が大本さんという訳です。

この話だけ聞いていれば、素敵なプロジェクトのように聞こえますが、その実態は闇が多かったようです。

 

hプロジェクトの実態とは

アイドルが所属している事務所とのことなので、他にも所属しているタレントやアイドルがいるのかと思い調べてみましたが、現在は愛の葉ガールズ飲みのようです。

ホームページを調べてみましたがが・・・

hプロジェクト→http://www.ehime-hpro.com/

 

 

 

 

 

出典:ホームページより

現在は見ることができません。今回の事件を受けて一時利用を停止したようです。

ニュースでは、大本さんがグループを辞めたいと言った時に、「辞めたいのであれば1億円払え!」や「寝ぼけた事言いだしたらマジでブン殴る」というパワハラとも取れるLINEの内容が報道されいますが、それよりも深い闇が分かってきました。

大本さんと事務所が結んだ契約書の内容には「制裁」が記載されていたようなのです。例えば・・・

・遅刻につき一回5000円

・スキャンダルがあった場合は50万円

・活動で知り得た機密以外に営業に関係する情報も「家族を含む他人に開示してはいけない」と記載。違反は50万~100万円の罰金。

といったような内容だったようです。

この事実に佐々木社長は

「イベントで衣装を忘れるなど関係者に迷惑をかけた際、自戒の念を持ってもらおうとペナルティーを科していた。メンバーにプロ意識を持ってもらいたかった」

とコメントしていますが、所属当時の大本さんの月収が3万5009円程度。この制裁内容は今後追及されていくでしょうね。

今回の事件の世間の反応

コチラが愛の葉girlsです。

とっても自然体で、可愛らしいアイドルグループですよね^^

今回の事件は世間の注目度も高いようです。

と言うように、悲しみの声や真実の追及を求める声が多く聞かれています。

今後裁判となっていくようなので、真実を明らかにして欲しいですね。

最後に

hプロジェクトについて調べてみましたがいかがだったでしょうか。

とれんでぃは契約書の中の制裁という内容に恐怖を感じました。

大本さんがなぜ自殺しなければならなったのか・・・真実をしっかりと追及しほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。