この差って何ですかが今夜放送されます。

 

実は、ふくらはぎをもむ健康法について

危険性があることがわかったとか。

 

ついつい、今日も疲れたなと言ってお風呂でふくらはぎを揉んでいた方は

少し改める必要がありそうです。

 

いったいどういうことなのでしょうか?

探ってみたいと思います。

ふくらはぎをもむ健康法が浸透したわけは?

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:PIXTA

 

代謝が落ちているという方は、何かと疲れやすいもの。

 

イライラが止まらなかったり、肩こり、腰痛、足がむくむなどあらゆる

症状に悩まされている方も多いのでは。

 

そんな時、ふくらはぎを揉むとたちまち健康になるという本が

バラエティ番組で3度に渡り取り上げられたことで話題となりました。

 

95万部を売上あげ、爆発的にヒットしたことが

ふくらはぎをもむ健康法が浸透したきっかけです。

 

なんでも、ふくらはぎを揉むだけで、あらゆる病気に効果があり、

ガンまで治ってしまうという驚きの効果で反響を呼びました。

 

やり方は、心臓に向かってマッサージを行うというもの。

 

老廃物などの除去効果があるとはいうものの、実際は病気が治る効果

どころか危険視する声もあるようです。

ふくらはぎを揉むのは危険なの?

実は、ふくらはぎを揉むことに警鐘を鳴らしている本を出版している方がいます。

 

その名も

 

佐藤青児さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:佐藤清児オフィシャルブログ

 

ふくらはぎをもむ健康法を真っ向から否定する本を出版されていらっしゃいます。

 

いったい何がいけないというのでしょうか。

 

それは、筋肉のライン走行と、足の腱の走行が明確になってきたことが

わかったからだとか。

 

ふくらはぎには、ヒラメ筋が有名なのですが、最も重要な筋肉は後頸骨筋!

 

この後頸骨筋をゆるめることで、重くなっていたふくらはぎが、ものすごく軽くなるのだそう。

 

そして、その後頸骨筋といのはものすごく後ろにあるので、マッサージを施すことは不可能だとか。

 

逆に揉んでしまうことで、

筋肉同士のバランスに不具合が生じてしまうと訴えています。

 

これでは、健康寿命を下げてしまうことになりかねません。

 

佐藤氏も、長生きしたけりゃと警鐘を鳴らしているのはこのためです。

 

人間、足腰が弱まると格段に衰えてしまうもの。

 

ですから、ふくらはぎの筋肉は非常に重要な存在と言えます。

 

ふくらはぎを揉んでしまうとどうなってしまうのか、もう少し説明します。

 

揉むことで確かに、老廃物の除去は行えるのですが、

 

筋膜繊維・筋繊維は損傷してしまいます。

 

すると、リンパも漏れてしまい、心臓への血流ポンプ機能として

働きにくくなってしまうのだとか。。

 

これでは、健康になれるどころか不健康まっしぐらですね。

 

さらに、恐ろしいことに、損傷を修復するさいには、せっかく柔らかくなった

ふくらはぎは硬くなってしまうのだそう。

 

ですから、やみくもに揉むという行動は避けた方が良いでしょう。

解決方法はどうしたらいいの?さとう式リンパケアとは?

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:クービック

 

ふくらはぎが重要な存在であることは、間違いないようです。

 

ですが、肝心の健康を保つにはどうしたらよいのでしょうか?

 

その解決方法を佐藤氏がおしえてくれていますので、ご紹介します。

 

実は、さとう式リンパケアなるものを開発されていました。

 

さとう式リンパケアは、耳から、身体全体ゆるめ、リンパを流れやすくし、

循環機能を高めるという方法です。

 

さまざまな効果が挙げられるようですが、美容と健康にもなれてしまうのが魅力です。

 

ポイントとしては3つ。

 

押さない

揉まない

引っ張らない

 

とにかく優しいタッチで行うことがポイント。

魔法のタッチとも呼ばれています。

 

歯科時間は短時間で大丈夫。

 

実は、佐藤氏は歯科医でもあるため、医学的根拠を元に開発した方法です。

今は、海外にまで広まっている健康法です。

 

美容効果

小顔

口角が上がる

エラ

目を大きく

鼻を高く

あごをとがらせる

ほほをふっくら

しわ

たるみ

バストアップ

ウエストダウン

ヒップアップ

筋力アップ

ダイエット

 

健康効果

頭痛

腰痛

肩こり

背中のこり

痛み

首凝り

頸椎のゆがみ

骨盤矯正

頭蓋骨矯正

肋骨矯正

生理痛

下痢・便秘

疲労回復

冷え性

足のむくみ

リンパ浮腫

花粉症

アレルギー性鼻炎

めまい

脳梗塞術後

顎関節症

慢性関節性リウマチ

 

などなどです。

 

佐藤氏自身も風邪をまったくひかないのだとか!

そして、セロトニン分泌が回復することで、気持ちも落ち着けるという

ありがたい効果も!

 

脅威的な効果を試したいという方は、講習会も開いているようです。

詳細はこちらさとう式リンパケア

この差って?そばに注目!ルチンで免疫アップ!そば湯摂取が効果的