名医のTHE太鼓判!が今夜放送されます!

 

中でも注目なのが、薄毛対策!

どうやら、イワシに秘密があるというのですが、

いったいどういうことなのでしょうか。

 

そして、薄毛対策に効果のある食材は他にもいろいろあるのだそう。

それでは、一足先に探ってみたいと思います。

名医のTHE太鼓判!今夜の内容は?

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:music.jp

 

放送時間

2018年12月3日(月)19時~

3時間スペシャル

TBS系で放送

 

内容は?

 

風邪予防の健康法→プールで5分泳ぐと免疫はあがるの?

薄毛予防の健康法→イワシを食べる!イワシ漁師にハゲはいないのか?

口臭予防の健康法→オリーブ油で口をゆすぐ!口臭い芸人が驚きの結果!

 

どれも気になる内容ばかりですね。

プールで5分泳ぐだけで、免疫が上がるのでしょうか…

 

ゲストは

浅香唯

麻木久仁子

内山信二

クロちゃん

嶋大輔

高橋真麻

坪倉由幸

仁支川峰子

久本雅美

和田アキ子

 

 

イワシは薄毛の救世主?漁師さんの秘密!

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:いらすとや

 

実は、漁師さんに薄毛の人が少ないという事実をご存知でしたでしょうか?

 

漁師さんと言えば、炎天下や潮風の吹き荒れる中、とても過酷な環境下での作業が中心。

頭を構っている余裕などないイメージですよね。

 

紫外線のダメージを受けると、どうしても頭皮に良くないような気もしますが、

港に近い理髪店を営む店主いわく、薄毛は少ないのが事実だといいます。

 

先ほど挙げた過酷な環境は、命とも隣り合わせ。

ストレスが半端でないことも、容易く想像できます。

 

ストレスがおきると、異常に汗をかいてしまいます。

すると、頭皮の環境は悪化の一途を辿るという仕組みです。

 

髪の毛はアミノ酸と結合したタンパク質から出来ています。

この結合の分解を得意とするのが、紫外線!

 

ということは、漁師さんは紫外線にさらされ続けています。

ですが、何故薄毛にならずにいられるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:いらすとや

 

実は、その秘密を握るのがイワシ!

 

薄毛はいわゆる老化現象の一つ。

つまり、老化現象を食い止めることが、薄毛予防にも繋がるのだとか。

 

老化現象を抑える効果としてあげられるのは

 

DNA

RNA

 

です。

 

イワシにはこの二つの成分が豊富に含まれているといいます。

 

漁師さんもイワシを日々摂取することで、知らずのうちにDNA・RNAを

口にしていたのです。

 

この成分には、頭皮を健康にし、髪の毛にハリ・コシを与えつつ

育毛効果もあるのだとか!

 

その他にも、細胞が若返ることで、美肌効果や、シミも出来にくくしてくれる

ありがたい食材であることがわかりました。

 

そして、イワシには核酸の他に

 

メチオニン

亜鉛

リノレン酸脂肪酸(DHA・EPA)

コエンザイム

カルシウム

マグネシウム(必須アミノ酸)

タウリン

 

などなど、育毛効果が期待できる成分の宝庫なのです。

 

では、一つ疑問がわくことが…

漁師さんのように新鮮なイワシを手に入れることが難しい場合はどうしたら?

 

ご安心ください。

 

その場合は、イワシの缶詰が、立派に代用を果たしてくれます。

缶詰を作る時は、新鮮なイワシを使用していますしね。

薄毛に効果的な他の食材は?

イワシは少し苦手だなという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

薄毛対策には老化現象を食い止めることが必要です。

それには、DNA・RNAが効果的だとお伝えしました。

 

つまり、DNA・RNAが豊富に含まれている別の食材も組み合わせることで、

さらなる薄毛予防やアンチエイジング効果が期待できます!

 

その食材は…

 

豆類

鶏肉

レバー

干しシイタケ

ちりめんじゃこ

にぼし

かつおぶし

きな粉

そば粉

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:美BEAUTE(ビボーテ)

 

他にも多くの食材に含まれていますが、上記に挙げた食材は

比較的豊富に含まれています。

薄毛対策に逆効果の食材は?

先ほど、お伝えしてきたのは薄毛対策に効果のあるものばかり。

 

実は、なんでも栄養を摂ればよいというものではないようです。

 

これから挙げる食材は、薄毛のリスクがあがってしまうことで知られています。

まだ、ご存知でない方はチェックしてみてください。

 

マグロ類

くじら類

サメ類

 

 

 

 

 

 

画像出典:写真AC

 

などの魚類になります。

 

何故、薄毛のリスクを上げてしまうのかというと、

魚の体内に水銀が含まれている可能性が高いことがあげられます。

 

水銀は、生態系の後になればなるほど、濃縮効果で水銀の量も多くなることが

わかっています。

 

水銀を摂取しすぎると、抜け毛の原因のみならず、あらゆる支障を来すことがあります。

 

あまり知られていませんが、厚生労働省でもマグロやサメ類の食べ過ぎを未だに

注意喚起していたりします。

 

サメやくじらはなかなか口にすることはありませんが、

マグロ好きだ!という方は気を付けたほうが良いかもしれませんね。

名医のTHE太鼓判で注目!紅い甘酒で血圧改善!紅麹とは?日焼けにも?