葛西臨海公園の大観覧車を知っていますか?

 

こちらの公園は水族館もあったり、元々人気の高い公園ですが、

目玉と言えばやはり、大観覧車!

 

2019年、元旦早々から営業をしていて、初日の出を大観覧車から拝めてしまいます。

 

それでは、葛西臨海公園の観覧車について、アクセス・パーキング情報

そして、肝心の日の出予想時間についてお伝えしていきます。

葛西臨海公園とは?

 

 

 

 

画像出典:江戸川区

 

葛西臨海公園は、東京湾に面し、緑と水と人のふれあいがテーマとなり、

5つのエリアがある公演になります。

 

昭和60年1月から区画整理事業の一環としてスタートを切り、

平成元年には、一部の38ヘクタールがオープンしました。

 

平成6年4月に鳥類園ゾーン、平成7年7月に展望レストハウスが次々オープン。

 

今や、葛西臨海公演の象徴とも言える、大観覧車は

平成13年の春にオープンしています。

葛西臨海公園の観覧車で元旦初日の出!日の出時間は?

実は、葛西臨海公園の大観覧車は大晦日から元旦にかけて

オールナイト営業します!

 

目玉は何といっても、日本最大級の大観覧車から拝める

初日の出ではないでしょうか。

 

日本最大級の大きさはどれくらいなのでしょう。

 

それは、直径111メートル、高さ117メートルという巨大さ。

 

この大観覧車は相席制はありません。

つまり、家族やカップルで独占空間を作れてしまいます。

 

では、どのような景色を見ることが出来るのでしょうか?

 

それは、

世界的に有名なテーマパーク

レインボーブリッジ

アクアラインの海ほたる

都庁

東京タワー

東京スカイツリー

東京ゲートブリッジ

房総半島

富士山

 

などなど、あらゆる名所が一望できます!

 

空中散歩時間は17分です。

ゆっくり楽しむことが出来そうですね!

 

オールナイトですので、年越し観覧車もおすすめです。

夜の観覧車は、ライトも時間によって変わっていきます。

 

まず、日没後1時間は、真っ白な間接照明仕様となります。

夕空に浮かび上がってとても美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:アマナイメージズ

 

その後、1時間経つと今度はフレッシュグリーンへ。

 

 

 

 

 

 

画像出典:park.tachikawaonline.jp

 

大観覧車の外輪に装着しているギャラクシーライトが点灯し、

ダイヤモンドの輝きへと変貌を遂げる仕組みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:泉陽興業株式会社

 

それでは肝心の初日の出の時間は何時でしょうか?

 

元旦の初日の出予想は

6:50~7:00

となっていました。

 

相当早起きしなくてはいけませんね。

 

葛西臨海後編のアクセス・パーキング情報

大観覧車はこちらになります↓

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:葛西臨海公園公式

 

電車でのアクセス

JR京葉線 葛西臨海公園駅 徒歩1分

東京メトロ東西線 西葛西・葛西から都バスで葛西臨海公園行き 20分

 

車でのアクセス

首都高湾岸線 葛西IC 下車すぐ

 

パーキング情報

 

 

 

 

 

画像出典:葛西臨海公園公式

葛西臨海公園には駐車場が完備されています。

24時間営業です。

 

利用料金

普通車 1時間 200円 以降30分毎100円

大型車 2時間 1500円 以降30分毎500円

※千円札以上の利用は出来ませんのでご注意ください。

 

駐車台数 181台

夜間は第一駐車場のみの利用。

 

せっかく行ったのに、満車ということもあるかもしれませんので、

周辺駐車場の情報もお伝えします。

 

タイムズの情報

 

 

 

 

 

詳細はこちらタイムズ

 

葛西臨海公園の初日の出は、なんと言っても遮るものがない!

寒さ対策さえ行えば、天気にもよりますが綺麗な初日の出が

拝めることでしょう!

大國魂神社初詣2019!ご利益は?厄除け・祈祷時間!八方除けとは?アクセス・パーキング!