流行の先端となるニュースをいち早くお届けするサイトです。

トレンドサーチャー

イマ話題 ドラマ 芸能界

斉藤工ドラマ「ココア」の放送日いつ?脚本は中学2年生・鈴木すみれさん!子供時代は?

投稿日:

斉藤工さんがドラマ「ココア」に出演し、大胆なシーンに挑んでいることで

注目を集めています。

 

最近では、自身が熱望して演じた映画

「麻雀放浪記2020」が、あまりに過激ということで、

マカオ国際映画祭の出品が中止になったことも話題となっています。

 

今回はいったいどのような役柄なのでしょうか。

そして、ココアの脚本を手掛けたのが、なんと中学2年生の鈴木すみれさん。

 

いったいどのような人物なのでしょう。

探ってみたいと思います。

斉藤工さんのプロフィール

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:AU one

 

生年月日   1981年8月22日

出身     東京都港区

身長     184cm

血液型    A

職業     俳優 映画評論家

デビュー   2001年

趣味     合気道 サッカー 旅行

父親の影響により、映画館に通うのか日常だったそう。

小学校は当初、同級生7人しかいないという、

シュタイナー学園へ通っていました。

 

ですが、6年生になるとサッカーの強い中学へ進学するために、公立小学校へ転校しています。

斉藤工さんに不思議な魅力があるのは、小学校の教育に影響を受けているのかもしれません。

 

15歳になると、自ら芸能事務所に所属し、モデルとなります。

その後、自然と俳優の道へ。

 

高校時代には、海外へ一人で出かけるようになったといいます。

影響を受けたのは、沢木耕太郎さんの深夜特急。

 

春休みはパリ、また香港へと海外を飛び回るために

モデル事務所に所属したということのようです。

 

高校卒業すると、演劇を学ぶべく伊藤正次演劇研究所に所属。

仲間には女優の貫地谷しほりさんもいたとか。

 

その後、映画監督としても才能が開花。

数作のショートムービーを手掛け、

2017年は、アジア新人賞部門の最優秀監督賞に輝いています。

「ココア」での斉藤工さんの役どころとは?放送日はいつ?

 

 

 

 

 

 

画像出典:ORICON NEWS

 

昼顔でも、不倫する夫を演じていた斉藤工さん。

実は、今回の「ココア」でもやはり不倫相手役です。

 

あのつかみどころのない魅力には不倫が似合うということなのでしょうか。

 

昼顔では、純朴な夫がまさかの不倫ということで、さわやかなイメージすら

漂っていましたが、一転今回の不倫は大胆そのもの。

 

平日昼間の家族がいない相手の家で、大胆に逢瀬を重ねるという役です。

 

斉藤工さんの相手役は、紺野まひるさん。

 

斉藤工さんは、監督もこなされていますので、演じることに対しても

深い考えをお持ちのようです。

このようにコメントされています。

「自分の与えられた役割を理解していますし、この役の必然性も伝えてもらっていたので、このシーンは描写としては“点”ではあるんですけど、それが“線”につながった状態で撮影に参加させてもらうことができました。出番の多さ、割合などに関係なく、丁寧に臨みたいと常に思っていて、今回もそのように撮影に臨みました」

「そこに対してお仕事をしているつもりはないんですが(笑)。でもそうですね、ニーズがないと僕らの職業は成立しないと思っていますし、役者さんの自己満足みないなものは、僕は一視聴者としては見たくないんですよね。だからそういった期待はありがたいことではありますね。ただ今回で言うと、中学生である鈴木すみれさんが書いているのは深い、奥行きのある描写なんですよね。エロティックな不貞を描いている場面というよりは、繊細な家族の表現のひとつになっていると思っていますので、今回の公平役はとても意味のある役割だと思っています」

引用:マイナビニュース

 

気になる「ココア」の放送日は…

 

2019年1月4日(金)23時30分~24時40分

フジテレビ系です。

 

楽しみですね!

 

脚本家に仰天!まさかの中学2年生・鈴木すみれさん!子供時代は?

 

 

 

 

 

 

画像出典:マイナビニュース

今回驚きを隠せないのは、「ココア」の脚本を書き上げたのが、

まだ中学2年生の鈴木すみれさんだということ。

 

脚本家というと、熟練の技が光る年配の方が多いというイメージですが、

若い方でもいらっしゃるんですね。

 

鈴木すみれさんは、脚本家の登竜門

「第30回フジテレビヤングシナリオ大賞」を受賞されたのです。

 

いったいどのような子供時代を過ごされてきたのでしょうか。

と言っても、いまだ中学2年生ですけど…

 

鈴木すみれさんは、なんと

 

小学校1年生の頃から小説を書き始めたとか!

 

元々のスタートから何かが違いますね。

小学校1年生からとなると、今は中学2年生ですから、約7年の

歴史があると言えます。

 

中学2年生ながら、ベテランとも言えるかもしれません。

 

どうやって、脚本の勉強をしてきたのでしょうか。

 

それについても驚くべき行動をしていました。

 

坂元裕二さんの「Mother」の脚本を購入し、独学で勉強!

 

Motherと言えば、衝撃的な内容で世間を驚かせる重厚なドラマでした。

鈴木すみれさんは、元々の才能と共に、自ら切り開く能力も持ち合わせていた

のではないでしょうか。

 

そして、ヤングシナリオ大賞の第1回の受賞者が坂元裕二さんです。

坂元氏も、19歳という若さで最年少受賞を果たしていましたが、

今回、鈴木すみれさんに塗り替えられました。

 

今回の受賞に際し、審査委員長がこのように絶賛コメントを残しています。

「類まれなる才能と無限の可能性を秘めていると断言できる」

引用:スポニチ

 

鈴木すみれさんがますます成長し、色々な脚本を手掛けていくことに

なりそうですね。

 

-イマ話題, ドラマ, 芸能界

Copyright© トレンドサーチャー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.