流行の先端となるニュースをいち早くお届けするサイトです。

トレンドサーチャー

イマ話題 健康

あさイチで静電気に注目!たまりやすい人は?バチっならない保湿対策は?湿度は?

投稿日:

あさイチでは、冬になると悩まされる静電気を特集。

どうやら、静電気がたまりやすい人がいるのだとか。

 

そして、静電気と湿度にも深い関係があることがわかりました。

いったい何%だと良いのでしょうか。

 

さらに、ドアノブを回すときのバチっとくる衝撃対策について

お伝えしていきたいと思います。

あさイチでも注目!そもそも静電気とは?

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:いらすとや

静電気とは、いったい何者なのでしょうか。

ざっくりお伝えすると、静止した電荷により起きる、物理現象なのだそう。

 

地球上に自然の状態で、何か物質があれば必ず静電気も発生すると言われています。

その物質とは、個体に限らず、液体や、気体にも発生します。

 

実は、雷も静電気です。

雷は、雲の中の水蒸気が氷結した粒子同士がこすれあって発生するのだそう。

 

そして、パイプやホースの中に勢いよく気体や液体を流した場合も静電気が発生します。

その静電気が原因により、爆発事故になることも。

 

たかが、静電気と侮ることなかれですね!

 

静電気がたまりやすい人はこんな人!

 

 

 

 

 

 

画像出典:hospita.jp

 

冬場の乾燥する季節になると、不調になるという方は

もしかしたら静電気がたまりやすい人なのかもしれません。

静電気には、たまりやすい人とそうでもない人が存在しています。

 

その違いは一体何なのでしょうか。

実は、肌の水分量が大きく関係しているのだとか。

乾燥肌の人の方が、より静電気がたまりやすく、ドアノブを触った時に

バチっと来やすいということになります。

 

では、肌の水分量が多いというのはどのような状態なのでしょうか。

肌の水分量というのは、汗をきちんとかけいるかの違いです。

 

汗は蒸発しますよね。

蒸発すると同時に静電気も一緒に放電してくれるのです。

その為、ドアノブを触ってもバチっとくることが少なくなります。

 

乾燥している人は、静電気も放電しにくいため、静電気がたまり放題。

ドアノブを触った時に、一気に放電するのでバチっとなるのです。

静電気がバチっとならない為の保湿対策は?

先ほど、静電気がたまりやすい人は乾燥肌の人とお伝えしましたが、

いったいどうすれば良いのでしょう?

 

それは…とにかく保湿すること!

保湿効果の高いクリームを全身にたっぷり塗ることで

ある程度リスクを下げることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

画像出典:アマナイメージズ

特に塗っておくべき部位は、

脇腹

太もも

すね

の5か所。

 

これらの部位は、洋服との摩擦により乾燥しやすいところになります。

 

保湿クリームを塗るベストタイミングがあります。

入浴後、10分以内に保湿クリーム塗るように心がけましょう!

 

ドアノブをバチっとさせない為には、地面に手のひらを5秒ほど

あてて放電すると大丈夫です。

地面を触ることに抵抗がある人は、静電気が起きない別のところに

手のひらをあてて放電しても良いです。

 

指先などで、ドキドキしながら触ったりしていませんか?

これは指先に電気が集中してしまうので、静電気パワーが増してしまいます。

かなりの衝撃になることもありますので気を付けてくださいね。

 

静電気対の部屋の湿度は何パーセントがいい?花粉との関係は?

静電気には、バチっとくる以外にも厄介なところがあります。

それは、小さな粒子を引き寄せてしまうところ。

 

小さな粒子とは何なのかというと、花粉やウィルス等々。

つまり、静電気がたまりやすい人には、もれなく花粉やウィルスも

ついてくるということになります。

 

静電気は乾燥しているところにたまりやすいので、湿度対策が

重要になります。

 

ですが、注意点が一つ!

花粉というのは、ある一定の湿度以上になると破裂してしまい、

さらに細かい粒子となってしまうのだとか。

 

花粉だけなら、涙や鼻水程度で済んでいるところ、破裂した粒子になると

気管支炎やぜんそくを引き起こしてしまうと言われています。

 

なんとも厄介な話ですね…

 

では、いったい湿度何%がベストなのでしょうか。

 

湿度50%がベストです。

 

湿度70%以上になると、花粉が破裂してしまいますので

お忘れなく。

 

出来るだけ、家の中に花粉を持ち込むことは避けましょう!

あさイチで大注目!高カカオチョコレートで代謝があがる?脂肪肝の対策に!

-イマ話題, 健康

Copyright© トレンドサーチャー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.