皆さんは奥山大史さんをご存知ですか?

スペインで開催された第66回サンセバスチャン国際映画祭にて最優秀新人監督賞に輝いた今注目の映画監督です!しかも、賞を獲ったこともすごいのですが、史上最年少で賞を獲ったことでも話題となっています。

今回は奥山大史さんについて色々と調べてみました。

 

奥山大史のプロフィール

 

 

 

 

 

 

 

 

奥山大史(おくやまひろし)

生年月日:1996年2月27日

出身:東京都

大学:青山学院大学総合文化政策学部卒業

映画美学校18期高等科修了

スポンサードリンク

映画美学校にも通っていたとのことで、映画に対する熱意が伝わってきます。

奥山大史さんにはお兄さんがいるのですが、お兄さんは写真家として活躍されている、奥山由之さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お兄さんは慶応義塾大学法学部を卒業しており、兄弟で優秀!かつ芸術家なのですね!

ここで、気になるのが両親についてですが、父親は映画監督兼、映画プロデューサーとして活躍されている奥山和由さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって画像を比べてみると、目元がそっくりです!!!

奥山大史さんが映画監督となったのはお父さんの影響があったのかもしれませんね^^

 

『僕はイエス様が嫌い』がスペイン映画祭で快挙!日本での公開は?

奥山大史さんが映画監督を務めた『僕はイエス様が嫌い』がスペイン北部サンセバスチャンで開かれた第66回サンセバスチャン国際映画祭で新人賞を受賞!史上最年少受賞とのことで一気に注目されました。

この作品は、奥山大史さんが青山学院大4年だった今年に、自主映画として撮影した長編デビュー作です。東京から雪深い地方に転校した少年が主人公で、キリスト教の小学校で行う礼拝に当初戸惑うものの、小さなイエスが目の前に現れ、神の力を信じるようになるというストーリーとなっている。

キャストは佐藤結良、大熊理樹、チャド・マレーン、木引優子、ただのあっ子、二瓶鮫一、秋山建一、大迫一平、北山雅康、佐伯日菜子がキャストに名を連ねています。

受賞された際の奥山大史さんのコメントがこちらです。

無名の僕に、こんな有名な賞を下さり本当に光栄です。頭に描いた構想を、最高の形で映画にしてくれたスタッフとキャストに感謝します。そして、最高の体験をさせてくれたサンセバスチャン映画祭スタッフのみなさんと、評価を下さった審査員の方々に感謝します。サンセバスチャン映画祭で上映してもらったあとの拍手と歓声を、一生忘れることはありません。街を歩いていると声をかけてくれて、熱心に感想を教えてくれた皆さんの映画への愛情を、一生忘れることはありません。「僕はイエス様が嫌い」は、若くして亡くなった友達に向けて作った映画です。その友達のお母さんに、この映画を初めて観てもらったとき言われたのは、「忘れないでもらえることが一番嬉しい」という言葉でした。これからも僕は、忘れてはいけないことや、忘れられない感情を映画に込めていきたいです。そして、必ずまたサンセバスチャンに戻ってきたいと思います。

引用:https://natalie.mu/eiga/news/301815

『僕はイエス様が嫌い』の日本での公開は2019年のようですが詳しい時期についてはまだ発表されていません。しかし、今回の新人賞受賞でこの映画が注目されると同時に奥山大史さんも映画監督として注目されるのは間違いないですね!!!

スポンサードリンク

奥山大史さんはこんな作品も作っていた!

奥山大史さんの才能は高校時代から発揮されていました。「GRADUATION PARTY!!!!!」は高校時代に作った5分の短編映画ですが、第1回京都国際映画祭で145作品の中から優秀作品賞に選ばれています。

青山学院大学在学中にはファッションブランド『GU』のCMや生活雑貨屋さんの『LOFT』のウェブCMなども手掛けています。

作品はコチラです。

どちらも、見たことがある方がいるのではないでしょうか。

独特の世界観を残しつつも、現実味のあるほっこりするようなCMですよね^^

また、CMだけではなく短編映画なども制作しています。

大竹しのぶ初短編映画「Tokyo 2001/10/21 22:32-22:41」は3000枚の「写ルンです」で撮影された異色作として注目されており、10月4日から13日に開催される「第23回釜山国際映画祭」の短編コンペティション部門にも出品されています。

2015年には美しい苫小牧を舞台にした、笑いあり、涙ありのショート映画「白鳥が笑う」の映画を監督として作り上げ、第7回沖縄国際映画祭に出品。そのほかにも、「さようなら、ごくろうさん」や「過ぎて行け、延滞10代」、「最期の星」などで撮影監督を務めています。

またnever young beach 「SURELY」のミュージックビデオの編集とカラーグレーディングも手掛けるなど、映画だけにとどまらず様々な映像作品で才能を発揮しています。

スポンサードリンク

最後に

奥山大史さんについて調べてみましたがいかがだったでしょうか。

22歳とまだまだ若い映画監督ですので、今後様々な作品を撮っていく中でどのような作品が作り上げられていくのかとても楽しみですね!

奥山大史さんはTwitterをやっていますので、最新情報はどはTwitterをチェックするといいと思いますよ!リンクを貼っておきますので気になった方は是非見てみてくださいね!

Twitter→https://twitter.com/hiroshi_0227

最後まで読んでいただきありがとうございました。