めざましテレビのコーナーで

「おからパウダーダイエット」を取り上げていました!

 

生のおからはよくスーパーで見かけますよね?

ですが、賞味期限が早く使い切るのも大変。

 

その難点を解消するため、最近では、便利なおからパウダーなるものが登場しています。

それでは、おからパウダーの効果効能などをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

おからパウダーって何?栄養素はあるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:楽天レシピ – 楽天市場

 

おからパウダーとは、すばり

生のおからを粉末にしたものです。

 

おからとは、豆腐・豆乳を作る時にあまる残りカス!

 

カスと言っても、実は豆腐や豆乳よりも栄養が高いことをご存知でしたでしょうか?

 

それでは栄養素をみていきます。

 

タンパク質   23.3g

脂質      15.6g

糖質       5.9g

食物繊維    46.5g 

 

となっています。

 

糖質の低さが際立ちますね。

 

因みに小麦粉100gあたりの糖質は、

 

なんと73g

 

ですので、おからパウダーの糖質は5.9g。

これは、おからパウダーをフル活用したほうが大幅な糖質減となりますね。

 

次に特筆すべきは、食物繊維の豊富さです。

46.5gはものすごい量ということになります。

残念ながら、豆乳・豆腐では食物繊維は摂取が難しいです。

 

野菜類で一番多いとされている切り干し大根でも17.1g程度です。

 

余談ですが、キノコ類では、きくらげが豊富とされています。

なんと、57.4gでした。

ですが、100gもきくらげを摂取することは現実的には厳しいですよね。

 

そこで、やはりおからパウダーがお手軽なのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

おからパウダーの効果効能は?

 

女性にとっても、嬉しい栄養価が豊富です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:いらすとや

 

大豆イソフラボン→骨粗しょう症の予防、美肌効果、更年期障害

大豆サポニン→血流アップ、免疫力アップ、太りにくい

レシチン→動脈硬化予防、肝機能を守る効果

カルシウム

です。

 

そして、良質なタンパク質や必須アミノ酸などの栄養バランスも良く、

食物繊維も豊富のため、便秘予防にも。

 

便秘が解消される結果、大腸がんの予防にも繋がるのです。

 

人間には腸内に免疫細胞の約半分が存在していることをご存知でしたか?

ですから、腸内を整えることは免疫力アップに効果的なのです。

肌トラブルの改善にも役立ちますよ。

 

そして、脂肪を代謝してくれるビタミンB1、B2も含まれています。

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをしてくれますので、

更年期障害の方にはおすすめと言えます。

 

おからパウダー糖質減ダイエットの方法!

 

ダイエット方法については、いたってシンプルです。

 

普段の食事に大さじ1杯のおからパウダーを加えるだけ

 

味噌汁に入れても良いです。

ただ舌触りが気になるかもしれませんが。

 

注意点としては、油分の多い食材には不向きです。

それは、パウダー状の為、油分を吸収しやすいため。

 

いくら食べれば良いと言っても、余分な油をとってしまっては逆効果と言えます。

 

おからパウダーに含まれる食物繊維は、不溶性です。

 

ですから、水溶性の食物繊維も一緒に摂取することをお勧めします。

 

水溶性食物繊維が多い食品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:痩せTECH(ヤセテク)

 

エシャロット

にんにく

ゆず(皮)

ゆりね

ごぼう

納豆

梅干し

にんじん

等々です。

 

納豆や梅干しでしたら自宅にいつも置いてありそうですね。

 

おからパウダーの1日の摂取量については、50gまでとなります。

それは大豆イソフラボンの摂り過ぎを防ぐためです。

 

なんともお手軽なダイエットですね。

これなら簡単にチャレンジできそうです。

ですが、個人差もありますので体に合わない場合はすぐにやめてくださいね。

ダイエットJAPANでアカモクに注目!効果効能は?内臓脂肪減らす

 

林修先生の今でしょ!カニカマ大注目!知られざる健康効果・効能とは

教えてもらう前と後!歯のTCHとは?知られざる原因やデメリット

 

スポンサードリンク